2018年2月

1/3ページ
  • 2018.02.28

演技から学ぶ 『“役作り”とは、お月様に光を当てること』

役作りと聞くと 「自分以外の何者かになる」 そんなイメージが強いですが   自分は、自分以外にはなれないのです   ============ 役作りとは “自分の存在”の輪郭を、ハッキリさせることである ============   自分では認めている自分と 自分では認めていな自分/見たくない自分が存在すると   その輪郭は三日月の様に欠けてしまう &nbs […]

  • 2018.02.23

『日本人の“在り方”と“感性”を思い出すことで、世界の基準を越えていく ~スケート選手:羽生くんに学ぶこと~』

オリンピックで、羽生選手が金メダルを獲得!! おめでとう!!!   獲得の背景には… 「和(日本)の感性」が欠かせない!   以前、羽生選手が出演するドキュメント番組を観て感じたことがある   技術力の向上はもちろんだけど 彼の強い拘りは、「表現力の強化」という点にも出ている   そして、その拘りが、今回のオリンピックで 「SEIMEI」という曲を通し感じ取 […]

  • 2018.02.17

『相手を理解し、交わる ~コミュニケーションの本質を知る~』

演技から学ぶ   コミュニケーション力がない、とか コミュニケーショが苦手だ、とか そんなことを感じている人に読んで欲しい   ============ コミュニケーションの本質は 相手を深く理解することである ============   コミュニケーションと聞くと 「伝える力」をイメージする人が多い   実際にWEB上でも 「コミュニケーション力UP ! […]

  • 2018.02.12

『“人を育てる” ~本当に必要なものは、“口伝”で伝え残していく~』

============ 『本質を伝える』   本当に残していきたい想いや技術は 口頭にて“感覚(身体知)”へと落とし込んでいく   その“感覚(身体知)”は、変わることなく何千年も継がれていく ============   武術を始めて、改めて強く感じることがある   「型」を真似るのでは、何の意味もないということだ   大切なことは その奥で流 […]

  • 2018.02.09

『真剣勝負の中で 自分と出逢う』

生死を分けた 真剣勝負とは   究極の愛し合いの表現ではないか?と思う   命と向き合うほどの緊張 真剣勝負では   視界の中に、自分の中に 相手しか見ないほどの集中がある   そして相手の中に、自分を見ているんだろうと思う   相手を通し、自分を見る   良さも、悪さも その中にある美しさも全て見ているんではないか?   その […]

1 3