2018年4月

1/3ページ
  • 2018.04.26

演技から学ぶ 「苦手だったり、嫌いだったりする相手こそ、自分を愛するきっかけをくれる愛おしい人である」

昨日のワークショップで出た質問 「嫌いな相手に対してはどう付き合っていけばいいですか?」   一言でいうと 「全部をさらけ出し、目の前の人を全力で愛しなさい」ってことだけ   実は、このことだけで、すべて解決する   でも これだけシンプルなことにも関わらず このシンプルなことができずに わたしたちは自分を責め、相手を責め、苦しんでしまうんだ   ***** […]

  • 2018.04.23

「ニンゲンらしくやってる?」

============ ニンゲンらしくやってる? ============   このフレーズをCMで見た時   「WO! この感じ!! この感じ!!」 きたー!って思って ワクワクしたんだよね   「ニンゲン」   そう “自分”という存在を見つめ直すとき この視点って 絶対に大事だと思う   だって、僕ら 「ニンゲン」だし 「動物」なんだもん! […]

  • 2018.04.20

指先、つま先に至るまで、丁寧に生きる

「なおや、指先が死んでる!」   舞台の世界に入りたての頃 よく言われた言葉   どういうことかと言うとね   ============ 自分の指先、つま先を感じれない鈍感な人間が 人様の気持ちに触れることも ましてや命に触れることなんかできやしない! ============   ってこと   そう 「自分に繊細に生きた分だけ、相手と繊細に繋がれ […]

  • 2018.04.18

過去に生きるか? 今を生きるか?

「過去を癒さないと先に進めない」   これは現実を観ないようにするための言い訳だよね   同時に「過去の時間に生きる」って決めてしまっている   大切なことは「目の前の現実にすべてを注いでいくこと」   ただこれだけ   注いだ分、注ぎ切った分、過去は気にならなくなり 結果、癒したことになる

  • 2018.04.17

演技が教えてくれたこと 「芸術の在り方と芸術の力」

============ 『演技』とは 「自分に光を灯す“力”がある」 ============   ふと、陽子さんのことを思い出しHPを見て思い出した (参考:UPSアカデミー http://www.upsnews.co.jp/)   ============ そう 演技を含めた『芸術』には 「自分のという存在に光を当て、輪郭(生まれた意味)を明確にする力」があり また、その […]

1 3